ご挨拶

弊社は1968年(昭和43年)創業の建設コンサルタントです。

平成30年には創立50周年を迎えることができました。

半世紀にわたり運営できたことは、ひとえに皆様のご指導、ご鞭撻の賜ものと感謝しております。

 

弊社は創業当時、測量を生業としていたことから測量事務所の商号を承継しております。

しかし実務は測量・設計・補償・地質など(業務一覧表参照)建設にかかわる一式を請け負う総合建設コンサルタントでございます。

私たちの基盤である道路、橋、上下水道、ダム、堤防、防災・・これらの社会資本施設の整備は時代を問わず続きます。

また経済成長とともに増え続けた社会資本ストックの老朽化・維持管理・防災・減災などはこれからの大きな課題です。

さらに国が抱える少子高齢化問題は私たち建設業者に大きなテーマとして投げかけられています。

建設コンサルタントとしての対策は、情報化技術、また新技術の活用によってコスト縮減・AI導入による省力化などを総合的に組み合わせ活用し、建設コンサルタントの生産性向上につなげることです。こうしたことを駆使することで、財政難や人口減少の補完となるでしょう。

 

弊社は建設コンサルタントとして社会資本整備また災害に対応すべく日々技術研鑽に励み、行政連携のもと国民生活に欠かせない社会インフラの新設・維持・防災施設の維持・管理・構築にこれからも貢献してまいります。

 

今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。